0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

date :2008年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄買出しの旅。(その2)


tsuboyacat2.jpg

(壷屋やちむん通り、南ヌ窯にて)

やちむんに描かれる模様について、今回はちょっとだけお勉強(?)。
080412_1802~0001

kakiotoshi.jpg
ogusu.jpg

gosu.jpg

sannsai.jpg

(島袋常秀工房様に飾られていたお皿から。)
ためになります。
ほかにもいろいろ描き方があります。奥深いです。

グラス

そして、もうひとつ忘れてはいけない硝子の器。
稲嶺盛吉(工房虹様)には、きれいな緑と蒼のグラス、ぐい飲み、ピッチャーなど、これから使いたくなるような作品がたくさん生まれてくれていました。
いくつか連れて帰らせてもらいましたので、こちらもぜひ、会いにきてあげてください。


スポンサーサイト

沖縄買出しの旅。(その1)

ブログ更新もご無沙汰のうちに4月も終盤。
八重桜も盛りをすぎて、初夏を思わせるほどあたたかくなりました。と思ったら、今日はまた雨で風が冷たい。春の空は読めませんな。こんな日は、ネパリさんの綿ショールがありがたいです。

さて、遅くなりましたが、沖縄買出しのご報告です。
今回も、読谷村とうるま市、そして那覇の壷屋やちむん通りにおじゃましました。
嬉しいことに、相馬正和さん(陶眞窯)の直売ギャラリー、『群青』さんからお品物を運ばせていただけることになりました。(いきなりのお願いに快くうなずいていただきました。感謝。)
相馬正和さんの陶器は、首里城の中にある茶屋(琉球菓子とお茶をいただける)でも使われています。王朝の歴史を感じさせてくれる、優しい赤絵。いっちんや紫絵などの大胆な柄や形もたくさんあって、見ているだけでわくわくしてしまいました。
souma_20080424230310.jpg
ねずみ

ねずみのちいさなおちょこ。毎年、えとの柄を描かれるそうです。

そして読谷村。おとずれるたびにほっとします。おだやかに晴れました。
日向では暑いくらいです。
noborigama.jpg

080412_1302~0001

毎回お昼ごはんをいただいている、『まらなた』さんのそば(よもぎともずくがあります。この日はよもぎが売り切れでした。)木で作られた店内はおだやかな空気。おいしいおそばに小鉢がついていて、いつも嬉しいのが、いっしょにお盆に乗ってくる小さなお花。ああ、帰ってきたな~と思うひととき。
kinnjyou.jpg

そして金城敏昭さんの工房・売店へ。お魚柄のすてきな食器、花瓶、カラカラ(玉入りもあります)など、たくさん連れ帰らせていただきました。これまでと違う雰囲気のものもあって、今回のものは面白い!と思っています。
今回、ご子息の裕三さんの作品にはじめて出会いました。これから増やしていかれるとのことです。すこし表情の違うすてきなお魚柄。楽しみです♪

(つづく)

プロフィール

あや

Author:あや
大阪なんば、吉本会館の裏、フェアトレードと沖縄陶器の小さな小さなお店です。
入り口がわかりにくいかもしれませんが、
「ヌチグスイ」または「平和薬局」のドアから、お気軽にお入り下さい。
陶器(やちむん)は、2-3ヶ月に一度沖縄へ行き、じっくりじっくり選んだ品物たち。
あなたにとっての「ヌチグスイ(命の薬)」が、みつかりますように。
小さいながら、祈りをこめて。

〒542-0075 大阪市中央区難波千日前3-12(平和薬局内)
Tel.06-6631-7281
定休日:水曜日
open 10:00  close 18:00

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。